新しく民泊を始めるなら代行してもらうのが正解

安定経営に欠かせない

紙幣を持つ人

選ぶ時の注意点

家賃債務保証会社は代位弁済の速さや原状回復費の保証などサービスに違いがあります。契約内容をきちんと確認して選ぶ必要があります。家賃債務保証は滞納があれば家賃分の代金を弁済してくれるサービスですが、滞納があったことを申請しなくては弁済してくれない保証会社もあります。また支払いもすぐに行う場合と、締日を設定しておいて定期的に支払うところに分かれます。ローンなどを抱えていて毎月の家賃収入を一定にさせておきたい場合には、弁済スピードが速いところが良いでしょう。また滞納が続いた場合には入居者に部屋を明け渡してもらうことになりますが、新しい入居者を募集する前に原状回復工事を行う必要が出てきます。入居者が部屋をきれいに扱っていなかった場合、原状回復にはかなりお金がかかります。通常は敷金からそういった費用が出されるのですが、賃貸料が未回収の場合には敷金で補うために敷金が余り残らないこともあります。家賃債務保証会社によっては、残されている荷物の撤去費用や原状回復費用をある程度保証してくれるところがあります。そういったところを選んでおくと、原状回復が必要な時も安心です。家賃債務保証会社を選ぶ際には入居人の属性も考慮する必要があります。滞納リスクが高い賃貸の場合には、入居人審査がしっかりしており家賃回収や明け渡しなどに実績があるところを選ぶと良いでしょう。大手の家賃債務保証会社は比較的利用料が高く、中小は安い傾向がありますが、料金だけではなくサービス内容も良く考えて決めることが大切です。

Copyright © 2017 新しく民泊を始めるなら代行してもらうのが正解 All Rights Reserved.